<!--画像に記述されているコピー文を入れてください。-->
ミネラル療法で健康なからだつくりに貢献します
最新ニュース

遺伝子の力院長・スタッフBLOG
セミナー情報
 各地の講演会(セミナー)情報詳細

神出鬼没。でも、下記のような計画で講演活動をして参ります。
今年も闘って行きます。よろしくお願いいたします。

東北地方太平洋地震後、交通状況が不安定のため、スタッフ不在で
下記お問い合わせ電話への対応ができない可能性があります。
また今後の状況により直前にやむを得ず中止する場合は、野島院長ツイッター
http://twitter.com/Nojimahisatake にてお知らせいたします。

5月21日(土) 13:30~15:30(13:00開場) かごしま県民交流センター 大研修室 第2 (鹿児島)

今年も精力的に講演活動を行います。

ご参加を希望の方は、下記にお問い合わせください。

お問い合わせ先 TEL:03-5445-3135

皆様のご来場を心よりお待ちいたしております。

http://www.nojimaclinic.com/seminar.html ←こちらもご覧ください


医学の間違いは国の損失。国民の命を医療は守れない。その1

今の医学が科学的に間違っていると言えば、大変な勇気がいる。半導体を駆使する医療検査機器は非常に発展しているから、ついでに、治療も進んでいると思ったら、完全に期待はずれになる。高血圧症も糖尿病も症状を改善するだけで、一切病気を治せないのだ。ガンはリンパ転移があると、万事九死の観。

医学の間違いに気付いても、もう医学者は知らなかったことで済ませる行動に出ている。私の所見を無視するだけである。ガン、糖尿病を治している現場には絶対来ないのである。確かに、病院の医師にも医学者にも医局や研究室での生活がある。一方、国民は彼らにに自分達の健康を守らせる権利がある。

(高額1)先進医療と格好つけて、保険診療と区別して高額医療を自己負担で病気を治すようにと、厚生労働省は誘導する。病気を治せば高額であろうが国民は文句言いようが無いが、治せない医療で八方ふさがりで国民総医療費が膨らんだ。その隠れも蓑にしているから、罪深い。先ず、治せない医療を語る。

(高額2)今の医療が役に立たない現実を直視しよう。医療が「何故、ガン、糖尿病、脳j梗塞、心筋梗塞、自己免疫疾患、アレルギー性疾患等の現代病のどの疾患にも治すことでの対処は不可能であるか?」である。これらの現代病は人間が栄養的に正常なら発症しないということに気が付かねばならない。

(高額3)これらの現代病は昔はほとんど無かった。個人的な偏食で発症していたのだ。偏食とは食わず嫌いである。食べる食物に偏りがあると、栄養障害が現れる。では五大栄養素のどれなのか?作物が生長するということはミネラルの中の微量元素という畑の成分が作物に吸収されることと同じである。

(高額4)農業が生産性を上げるために化学肥料を使い始めてから作物が病原体に弱くなった。その弱くなった作物に何が起こったかを、人類の科学は何もして来なかったツケが今の医療のテイタラクの元凶である。生物としての遺伝子が作動してない。生き残るための遺伝子を使わずにすぐ育ってしまう。

(高額5)結論は、化学肥料の農業で我々現代人は微量元素欠乏という人類存続に係わる栄養問題に突入させられていたのに、その実態が分らず、医学は完全に空回りし、国民総医療費が無意味に増大して来た。高額医療の極みは子どもの拡張型心筋症の心臓移植であるが、栄養障害改善で手術は回避出来る。

(1)今の医学はどこから狂ってきたのだろう。国民の健康に応えられなくなったのが4-50年前からである。高血圧症では降圧剤が止めれなくなった。塩分を控えて高血圧症が治ったのは昔の話である。糖尿病2型も治らない。飽食を止めても治らない。医学がそれらの原因を見失ったからである。

(2)今の医学は五大栄養素のうち、微量元素の栄養価値を全く検討してない欠陥医学であることが判明した。生体にある鉄、銅、マンガン,アルミ、砒素等の微量元素を正確に測定出来てなかったという失態をひたすら隠していた。正に、昔の日本軍の大本営発表であって、医学は完敗であったのである。

(3)ガン、糖尿病、自己免疫疾患、アレルギー等の現代病の原因が分かっていないのはこの理由なのである。今の医療が現代病を全く治せない理由がここにある。ガン遺伝子、糖尿病遺伝子、高血圧症遺伝子というものはほぼ存在しない。人類の科学は完全に足踏みである意味ない不毛地帯を行っている。

(4)医学が無力になった分野は、ガン、糖尿病等の慢性の現代病だけではない。感染症で医療が全く対応出来なくなった。SARSに対応出来なかったことは記憶に新しい。MRSAは院内感染症であるが、隔離でしか対応出来てない。治せないのである。最近は多剤耐性菌にも隔離でしか対応出来ない。

(5)栄養学は医学でも基本の基本で大事なことであったが、戦前戦後に完全に把握されたと勘違いが医学者の頭に発生していた。化学肥料を使う農業が畑の成分である金属(微量元素)を作物から激減させていたことが科学的に検査することが出来なかった。栄養障害の作物を我々は食べていたのである。

(6)栄養欠乏が我々の悩む病気の原因だった。ならば、栄養改善が急がれる。微量元素が化学肥料を使う農業から発生したなら、穀類から野菜なで全滅である。有機野菜が少しマシであるが、堆肥の原材料が豚や鶏の糞となると、配合飼料を摂取する動物であるから激減は免れない。魚介類は問題ない。

(7)家畜が口蹄疫で無条件に殺処分されたが、人間と同じ微量元素欠乏症になって、せいぜい風邪くらいの疾患に罹っては廃家畜になる運命になる。化学肥料を使う農業は恐るべしである。ニワトリは鳥インフルエンザに罹ると、何十万羽がまとめてヤキトリ処分。科学が完敗の様相であるが、反省がない。

この科学の時代に、世界の国が税金を投入して育てた医学において、ガン、糖尿病、自己免疫疾患、アレルギー性疾患等の現代病の原因を究明できないことは信じられないだろう。原因が分からないから病気を治せないのだ。100年前に開発された化学肥料が本格的に使われた50年前からこの病気が出た。

化学肥料を使うと、作物が手抜きで大きくなる。非常に弱い作物ができる。弱いから農薬で保護しなければ病原体に負ける。その作物が微量元素の栄養障害のそれである。その作物を食べる人類は生き残るための遺伝子が作動させられない。人類の本来の病気でないのに苦しみ始めた。微量元素補充で解決する。

人間はガン、糖尿病等の現代病で苦しみ、治さない対症療法でお金も命を医療界に没収される。最近は、SARS等の新興感染症に慄き、同じ栄養障害で家畜は口蹄疫で殺処分される。家禽は鳥インフルエンザで何万羽もまとめて焼却処分。微量元素補充に超ミネラルで解決するが、医療関係者の抵抗が凄い。

農業が原因の現代病等の不始末で毎年、直接間接に50兆円が再生産しない医療に垂れ流しである。そのお金は福祉に使われて、それでも余るお金は日本の産業の競争力の大幅アップに使えばいいのである。不妊症も栄養障害が原因の現代病に含まれるので、日本の人口が再び増大すること間違いない。

少子高齢化は不妊症高齢者病弱化で農業が作る栄養障害の症状であった。解決は簡単である。化学肥料に作物が金属を吸収し易い形(アミノ酸金属等)にて混入させるべし。その暁の作物は有機農法と同じ効果があるので、美味しい野菜が大量で生産されることになる。農薬や遺伝子組み換えも有効利用される。

抗ガン剤は社会的に大問題となるであろう。長年も今もどうどうとガンの患者さんに使われたが、造血臓器の悪性腫瘍以外の悪性腫瘍への抗ガン剤は医療訴訟になる可能性がある。それぞれの医師がもう亡くなった患者さんに強要した事実、投与後に急変したという事実を家族が覚えていたら、医療訴訟はある。

世間で言う少子高齢化は誤認で、不妊症高齢化が正解。さて、不妊に悩む必要はない。実は、この不妊症が現代病なのだ。化学肥料を使う現代農業がガン、糖尿病、アトピーを作り、更に女性を不妊にした。昔は低温期と高温期とがあって排卵時期を特定できた(荻野式)。今はいつも低温期。栄養改善で妊娠。

少子高齢化の問題を社会現象だけで捉えたら禍根を残す。その実態は産婦人科学会で問題となっている不妊症問題である。最近は妊娠が困難なのだ。若いカップルの8割は不妊外来に行くのがその根拠である。女性は体温が36度どころか35度を切る低体温症候群である。高温期がなくて荻野式は死語になる。

不妊症の原因は化学肥料を使う農業なのだ。畑の成分は金属が結晶化した細かい土だが、その金属は生体では栄養素なのだ。微量元素という栄養素が無機野菜から激減した。野菜の本来の遺伝子が作動してない。不妊症は病気なのだ。現代病とも言える。対処は保育所をつくるより農業の改革が必要である。

11月2日の日経に広告とは言え、トンデモ記事が癌研有明病院外来治療センター長の談話が掲載された。「がんは通院で治療する時代」というタイトルである。診断はできるが、全く治せない医療に、「死を最初から覚悟して外来で時間潰しし、最期は緩和ケアで」と言う。国民は治す医療は要らない。

ガンは昔は偏食の人に発生した。それは原発巣とリンパ節郭清で完治することも珍しくなかった。今はリンパ節転移があれば、今の医療では2年以内に亡くなる。だから、先の談話が平気で出て来る。長期の存命の患者は健康食品の代替医療を併用した方のみである。今の医療に治す方向の進歩はない。

ガンだけでなく糖尿病においても、基幹産業の農業が原因で、微量元素の欠乏という栄養障害に、国民を強制的にさせてしまったのが原因である。その証拠に私は超ミネラルという微量元素溶液だけで簡単に治している。子どもの不治の病の川崎病や心臓移植しか対応できない拡張型心筋症が治るのだ。

まさかの顛末は多くの犠牲者を創出させる。医学がガン、糖尿病、アレルギー等の現代病の原因を全く勘違いしていたのはその「まさかの顛末」である。今の医学は苦肉の策でガン遺伝子とか糖尿病遺伝子とか言って、逃げの一手。一時期は農薬、食品添加物、ダイオキシンにも犯人の疑いがかかった。

医学が現代病の原因を見失って、どれだけの損害をだしている?医療費の40兆円が完全にバブルであるが、世界中が人類のガン・糖尿病等の現代病で経済的損失で財政赤字に陥っている。人類はもっともっと強い。早く、微量元素が食物連鎖の道筋で農業でのツマズキで上がって来ないことに気付くべきだ。

(現代病1)我々現代人は、昔は偏食で発症したガン、糖尿病、リウマチが、今は地球規模で化学肥料を使う農業で、誰でも偏食したと同じように、誰にでもガン、糖尿病、自己免疫疾患、アレルギー性疾患等の現代病が発症するという緊急事態である。微量元素が欠乏して人間の遺伝子がうまく発現しない。

(現代病2)そして、恐ろしいことに、SARSや新型インフルエンザや多剤耐性菌感染症に簡単に感染するくらい、我々現代人は正常な人間からほど遠く弱くなってしまった。身近にはノロウイルスの食中毒が何時でも認められるし、帯状疱疹で過去の水疱瘡の感染の既往がどうでもよくなってしまった。

(現代病3)化学肥料を使う農業で畑の成分である金属(微量元素)が作物から激減すると、多岐に渡って健康被害が発生して来る。恐ろしいことに、微量元素は遺伝子から作るタンパクの中に含まれてタンパクの分子運動を制御しているのに、足りなくなって、我々現代人は感染症に弱くなって一挙に滅亡。

        




治療実績
 当院による治療実績の紹介です。

 ガン、潰瘍、脳腫瘍、食道ガン、アトピー、皮膚病、高血圧、花粉症、糖尿病、悪性黒色腫(メラソーマ)、ぜん息、腰痛、肩痛、などの治療実績です。



医学博士:野島尚武先生からのメッセージ
医学博士:野島尚武医学博士:野島尚武医学博士:野島尚武
がんは治る  なぜがんは治る  がんの治療例


  • 治療紹介
  • 院長紹介
  • 院長・スタッフBlog
  • 遺伝子の力
  • 著書紹介